一戸建てと坪単価

川崎の一戸建てと坪単価について


川崎で一戸建てを購入しようとしている場合、色々とチェックしておくべきポイントがあります。その中のひとつが坪単価です。これは、一戸建てを建てる時の1坪に対しての建築費のことです。1坪は畳2枚部分であり、およそ3.3平方メートルにあたります。建物の本体価格を延べ床面積で割った数値のことになり、家を建てる時の金額の目安になります。しかし、この坪単価だけで判断することがないように、気をつけることがとても大切なのです。

川崎で一戸建てを購入しようとする時、坪の単価がとても高い物件、低い物件など、様々なものを見ることがあるはずです。基本的に、床面積が広い物件ほど低くなりますし、床面積が狭い物件ほど高くなります。その理由は、設備機器などにあります。確かに、床、壁、天井などは床面積が狭くなれば、工事費用も安くなります。部材がたくさん必要ではなくなるためです。しかし、設備機器の価格は変わらないのです。床面積が広くても狭くても、キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの設備機器の価格はまったく変わりません。しかし、一戸建て全体の工事費用の中に含まれてくるので、狭い住宅ほど坪の単価が高いということになってしまうのです。

もちろん、木造、鉄骨など、構造体によって坪の単価は大きく異なってきます。しかし、その場合でも、同じ鉄骨で建てたとしても、設備機器のグレードが高いものを選んだ狭小住宅と、設備機器のグレードが低いものを選んだ広い住宅で、総価格は同じぐらいになってしまう可能性があるのです。
そのため、分譲住宅を購入する時は本体価格だけで見ることが多いので良いのですが、これから川崎で一戸建てを建てようとしている場合は、坪単価だけで判断しないように気をつける必要があります。坪単価だけで計算してしまうと、後で総額がまったく違ってしまったり、予算オーバーになってしまったりすることがあるためです。坪の単価に、予定している床の坪数をかけて計算をしても、正確な予算は出しづらいものがあります。設備機器や屋根、壁材、内装などのグレードでどのようなものを選ぶかによって、大きく異なってきてしまうためです。

このように、一戸建てを購入する場合は、坪単価だけで判断しないように、気をつけることがとても大切になってきます。設備機器や屋根、外壁、内装などのグレードもあわせ、しっかりとトータルで考えた上で、予算をたてていくようにしましょう。”

  • 購入する時の値引き

    川崎市で一戸建てを購入する時の値引き 神奈川県の川崎市と言うのは、横浜市に続いて人口が多いエリアですが、川崎市と言うのは7つの行政区に分けられています。 また、この市の中心となるのが川崎駅周辺となりますが、駅周辺は川崎区 …

    続きを読む...